予約をできるだけ取るための対策

サロン自体が予約を取りやすい対策をしていない、人気店のため利用する人の数が多いなどの場合は、利用者自身が予約を取りやすい工夫をするのがおすすめです。

最近のサロンの多くは、ネット予約に対応しており、24時間いつでも公式WEBサイトで予約状況を確認できるようになっています。土日祝日などはどうしてもどのサロンも混み合うのですが、その代わりどのお店でもキャンセルする人が数人は出ます。この枠を狙って入り込むと、数ヶ月予約が取れないサロンでも利用することができるでしょう。スマホで定期的にチェックしておけば、たまたま数日後に空きが出ていることもあるのです。

シーズンオフを狙うのも、予約が取りやすくなるポイントです。混み合う時期は夏の前後で、冬になると利用者が減っていきます。冬になると格安キャンペーンを提供しているサロンが増えるのも、利用者が少ない証拠といえます。価格も安くなり、利用者数も減るため、冬はねらい目だといえます。寒くて休日に出かけるのが億劫になる、施術の際のジェルがヒヤッとして冬に通いたくない、服を脱ぐと寒いなどの理由で冬は客数が減るのです。夏に向けて脱毛を始めるなら、毛周期から考えて冬は最適で、夏までにツルツルになりたいなら、少し早めの冬に通うのがおすすめです。

予約が取りやすいサロンとは?

予約が取りやすい脱毛サロンは、企業努力により予約を取りやすくする工夫をしています。どんなに優れた脱毛機器を使い、スタッフ教育を徹底して、安さや痛みの少なさをアピールしても、予約が取れないのでは意味がないのです。以前までは脱毛サロンの数が少なくそれでもよかったかもしれませんが、今は数も増えており競争が起きていますので、施術面だけでなく、予約の取りやすさに重点をおいたサロンも増えてきています。

たとえば1回の施術時間がスピーディな脱毛器具を採用して、回転率をよくしているサロンもあります。通常なら全身をすべて処理するのに4回通うところ、2回で済めば倍の顧客を取り入れることができるのです。また、通常のサロンは2ヶ月に1回のペースのところ、1ヶ月に1回通えるところもあります。脱毛器具だけでなくジェルも工夫することで、施術間隔を短くすることに成功しているのです。通う回数は公式サイトに記載されているので、サロン選びの参考にしてください。

ほかにも店舗数を多くすることで、予約の取りやすさにこだわるサロンもあります。仕組みは駅前などに数店舗構えて、予約状況に合わせて違う支店に移ってもらう方法です。大手人気サロンはどんどん支店を増やしており、駅前に何店舗もあるのを見かけたこともあるでしょう。これは予約をしようと思っていっぱいでも、近くの店舗に回すための対策なのです。通いたい駅で店舗数が多いサロンを選べば、予約がまったく取れないリスクを軽減できます。

脱毛サロン選びで一番大切なこと

脱毛サロンに通うと決めても、予約がいっぱいでなかなか行くことができず、結局チケットを消化できなかったという話もよくあります。人気のサロンなのだから、多少予約が取りにくいのは仕方が無いことかもしれません。でも、まったく通うことさえもできなければ、毛が生え変わる周期に施術できず意味がなかったり、月額制サロンなのに回数を消化できなかったりという問題も発生してしまいます。そのような不安を抱える人にとって、必ず予約が取れるサロン選びは重要となるでしょう。

なぜ予約が取れるサロンが重要なのかというと、脱毛は1回で目に見えている毛をすべて処理することはできないからです。毛には現在生えて見えている部分と、休んでまだ生えていない毛など毛周期により一度では処理できないようになっています。毛が皮膚の上に出ない休止期、皮膚の上に出ている退行期、成長期とに分けることができます。さらに成長期の初期は皮膚の下から毛が生えてくる時期となるため、成長後期になるまで毛は見えません。つまり皮膚の表面に出ている毛は全体のほんの一部のみで、最低でも1年~2年通わないと、すべての毛を処理したことにはなりません。

脇の下の毛でも約4ヶ月のサイクルとなっており、脱毛完了まで最低でも1年は通う必要があります。手足などは3ヶ月~半年ごとの生え変わりサイクルの部位もあるため、予約が取れないと毛のサイクルに合わせて処理できなくなってしまいます。当サイトでは予約が取れやすい脱毛サロンについて紹介していますから、ちゃんと効果を実感しやすい脱毛を考えている方は参考にしてください。